0
¥0

現在カート内に商品はございません。

梅雨に楽しめるおすすめの洋書絵本特集。子どもへの読み聞かせ・一人読みに寄り添う10選


English Books Cordinator・英語科教諭免許保有・TYC(児童英語教授法)・TESOL(英語教授法)・ITI(通訳・翻訳)ディプロマ習得

目次

▼梅雨の時期に子どもと一緒に楽しめる洋書絵本とは?

▼梅雨に親子で楽しめるおすすめの洋書絵本10選

▼梅雨シーズンは洋書絵本でハッピーにすごそう!

梅雨の時期に子どもと一緒に楽しめる洋書絵本とは?

出典:PhotoAC


今年はもう九州や中国、四国地方では梅雨入り。今年も雨の季節がやってきましたね。


大人にとっては過ごしにくい時期でもありますが、子どもは楽しみを見つける天才!といわんばかりに、水たまりや雨宿りしている虫を見つけては大喜び。


そんな子どもたちの梅雨の時期の興味に寄り添った英語絵本を厳選しました。

梅雨に親子で楽しめるおすすめの洋書絵本10選

Cowiiえいご絵本専門店による梅雨に楽しめるおすすめの洋書絵本10選をご紹介します。

『Who's wearing a hat?』


雨の日の表紙ではじまる絵本『Who's wearing a hat?』。英単語を覚え始めたお子さんと一緒に楽しめる1冊です。


「croak croak」は、一体何の鳴き声?シンプルな質問と共に、子ども達の観察力を養います。

【商品詳細】
ページ数 : 10ページ
サイズ : 141 x 223mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Usborne Baby Books
価格:1,100円(税抜)

カエルと一緒にかくれんぼ『Play Hide & Seek with Frog』


田植えが終わった地域ではケロケロという鳴き声が合唱し始める頃ではないでしょうか。


絵本の中で「かくれんぼ」をしている動物たち。遊びを通して使ってみたくなる英語フレーズに出会えます。


子ども達は大きなフラップをめくって出会える愉快な仲間に大喜びするでしょう。

【商品詳細】
ページ数 : 10ページ
サイズ : 200 x 200mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Play Hide and Seek
価格:1,500円(税抜)

空を見上げるのが好きになる絵本『What makes it rain?』


空や自然にまつわる私たちの身近な不思議に、優しく答えを教えてくれる雨の日が楽しみになるしかけ絵本です。


「お空に水があるのはどうして?」「たいようってお星さまなの?!」「風はどこからやってくるの?」


大人も知らずに過ごしてきた新たな発見に出会えるかもしれません。

【商品詳細】
ページ数 : 12ページ
サイズ : 216 x 192mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Lift-the-Flap First Q&A
価格:1,700円(税抜)

子どもの不思議に寄り添う『What is sleep?』


雨の日になると、よく眠るお子さんも多いのではないでしょうか?一体どんなメカニズムってどうなっているのでしょうか。


『What is sleep?』は「眠り」について知ることができるしかけ絵本です。


眠ることの大切さ、私たちの生活のためにお昼に眠る人もいること、動物のねむり方など、知識がギュッとつまった洋書絵本です

【商品詳細】
ページ数 : 10ページ
サイズ : 190 x 160mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Lift-the-Flap Very First Q&A
価格:1,400円(税抜)

小さな生き物達のステキな世界『Bugs』


アジサイやタンポポの綿毛、葉っぱや花びらをめくると広がる小さな動物たちの世界が広がります。


フリップタイプのしかけ絵本は、持ち運びにもピッタリの小さめサイズベッドのそばや、鞄の中に忍ばせておくと子ども達は大喜びするでしょう

【商品詳細】
ページ数 : 10ページ
サイズ : 160 x 160mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Little Lift and Look
価格:1,100円(税抜)

オーディオ付き世界の名作童話『Puss in Boots』


日本でも有名な世界の名作童話「長ぐつをはいたねこ」。「長ぐつ」がキーワードになる痛快教訓ストーリーです。


多読英語におすすめの「Usborne English Readers」にはバックカバーにQRコードがプリントされています。


QRコードを読み取るとオンラインオーディオに無料で接続。イギリス英語・アメリカ英語に対応しています。


巻末にアクティビティ・ワードリストがついているので、英語と物語への理解を深めることができるでしょう

【商品詳細】
ページ数 : 32ページ
サイズ : 240 x 170mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Usborne English Readers
価格:1,430円(税抜)

動物の気持ちを知りたい人へ『How do animals talk?』


動物たちの声・行動・変化についてのふしぎに、丁寧に答えてくれるフラップ付きのしかけ絵本です。


カタツムリは鳴き声をあげないけれど、お互い話はしないのでしょうか?カエルが喉をふくらます理由を知っていますか?


動物好きさんにおすすめの英語絵本です!

【商品詳細】
ページ数 : 12ページ
サイズ : 216 x 192mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ : Lift-the-Flap First Q&A
価格:1,700円(税抜)

たくさん出会える心に残るストーリー『Favorite animal stories - An illastrated treasury』


全11話収録されている動物たちの物語。雨でなかなか外に出られないそんな日は、たくさん読んで楽しい仲間に会いに行きましょう!


1話が約10ページ程度ですが、137ページというボリューム満点のビッグブックです。多読英語におすすめです!

【商品詳細】
ページ数 : 137ページ
サイズ : 24.5 x 21.5mm
出版社 : Littletigher
価格:2,600円(税抜)
特徴:一度店頭に並んだ書籍のため割引価格

心がホッとあたたまる『Snail brings the mail?』


「My First Phonics Reading Library」に収録されている雨の日も風の日も、みんなのために働く郵便配達のカタツムリのお話です。


フォニックスを学べる英語絵本シリーズなので、耳障りのいいフレーズがいっぱい!


バックカバーにQRコードがあり、リンクに飛ぶと無料のオンラインオーディオに接続されます。アメリカ英語にもイギリス英語にも対応しているので、どちらの発音にも親しむことができるでしょう。

【商品詳細】
ページ数 : 各24ページ
サイズ : 各210 x 210mm
出版社 : Usborne Books
概要:Box入り(20冊)・ギフトラッピング不可
価格:¥17,000(税抜)

ジメジメ気分がのらないそんな日は『What are feelings?』


大人だって子どもだって、なんだか不安、イライラする、気分がのらない日もあります。


『What are feelings?』は、「そんな日があって当たり前」「Life is not perfect.」「自分の感情との向き合い方」を、分かりやすく丁寧におしえてくれます。


梅雨の時期は疲れもでやすい季節です。絵本と一緒に、ゆっくり自分と向き合うきっかけを与えてくれる英語絵本です。

【商品詳細】
ページ数 : 12ページ
サイズ : 216 x 192mm
出版社 : Usborne Books
シリーズ:Lift-the-Flap First Q&A
価格:¥1,700(税抜)

梅雨シーズンは洋書絵本でハッピーにすごそう!


親子の読み聞かせの時間にも、一人読みの時間にも、洋書絵本は彩りを与えてくれます。


色んな日がありますがあせらず、あわてず、あきらめず、自分のペースでいきましょう。



関連記事はこちら

カテゴリーごとにみる

ページトップへ